寒い冬のボディケアは時短&保湿が鍵!しっかり潤う乾燥対策

冬は寒さや乾燥が厳しくなる一方で、イベントが続いて何となく慌ただしくなる季節。生活が不規則になりがちなので、お肌のトラブルも気になります。ボディケアは毎日の積み重ねが大切といわれますが、つい時間に追われてなかなか続かないという人も多いのではないでしょうか。肝心なシーンで髪やお肌がカサカサではちょっと残念ですよね。ここではスピーディーに無理なく続けられる保湿ケアについて紹介していきます。毎日のルーティンにプラスして、しっとり艶やかなお肌を手に入れてください。

寒い冬のボディケアはスピードが命!部位別保湿ケアのポイント

ヒトの皮膚には天然のバリア機能が備わっています。皮膚のいちばん表面にある「角層」と呼ばれる部分が異物の侵入を防ぐと同時に、体内の水分が蒸発するのを防いでくれています。しかし、角層の厚さはわずか0.02mm。乾燥してバリア機能が低下すると、お肌は刺激に対して敏感になりさまざまなトラブルの原因となります。特に冬場は空気が乾燥しているだけでなく、暖房によって体内の水分が奪われがちです。お肌の健康を保つにはまず乾燥を防ぐこと、そして保湿することを心がけましょう。

特に入浴後は手早く水分を補うことが大切です。お肌は一時的に潤っていますが、時間の経過とともに入浴前よりも乾いた状態になるためです。ツッパリがちな乾燥肌も、手早く保湿することでふっくらとしたみずみずしさを保つことができます。

手足の保湿ケア

ヒトの体には、皮脂腺が多い部位とそうでない部位があります。中でも二の腕や足は皮脂腺が少なく乾燥しやすいパーツで、ケアを怠ると白く粉を吹いたようになることも。乾燥の原因のひとつといわれているのが石けんです。汚れをしっかり落としてくれますが、使いすぎると必要な皮脂まで落ちてしまいます。そのため、毎日石けんを使って体を洗わなくてもよいという専門家の声もあります。しかし、それでは気分的に落ち着かないという人は手早く洗って十分なすすぎを心がけましょう。

腕や足で特に気になる部分といえば、摩擦が多く特に角質化しやすいひざやひじのカサつきですよね。ボディオイルにスクラブパウダーを混ぜ、週に1回のペースでやさしくケアしましょう。ツルツルでしっとりとしたひざとひじに生まれ変わるでしょう。

また、冬は感染症の予防で手洗いの回数が増えたり、洗い物にお湯を使ったりすることで手指も乾燥しがちです。水仕事や入浴後には、油分を多く含んだリッチなクリームを使ってマッサージするのが効果的です。いい香りのハンドクリームをオフィスやリビングなどいつも手元に置いておくと、気付いたときに手軽に使えてリラックス効果も期待できます。

かかとの保湿ケア

かかとは油断しているとカサカサになりやすい部分です。主な原因はかかとに皮脂腺がないためですが、体重がかかって圧迫されたり歩行時の摩擦が大きかったりと、いつも過酷な状況に置かれている部位であることも一因です。放っておくとひび割れてしまうこともあるため、乾燥してきたなと感じたら悪化する前にケアしておきましょう。化粧水を含ませたコットンで10分ほどパックしたのち、オイルで足全体をマッサージすると疲れも取れて一石二鳥です。

背中や胸の保湿ケア

背中の上部や胸の上部は、両脇とともに皮脂線が多く、ニキビや吹き出物が出やすい部分。皮脂や汗の汚れにはしっかりと対策しておきましょう。保湿の必要を感じることは少ないかもしれませんが、きれいにしたあとは油分の多いクリームは避け、さっぱりとしたローションでやさしくお肌のキメを整えましょう。

ヒップの保湿ケア

ヒップのトラブルで多いのは、ぶつぶつニキビや色素沈着です。かかとと同じく、座った状態での摩擦や強い圧力、寒さによる血行不良も主なトラブルの原因です。力を入れてゴシゴシ洗ってしまいがちですが、ヒップのザラつきが気になるときは、バスタイムにスクラブ石けんでマッサージするようにやさしく洗うといいでしょう。湯あがりには、クリームによる保湿も忘れずに。

お肌の状態で選ぼう!ボディケアアイテムの特徴

ひと口にボディケアといってもアイテムは多岐にわたるため、どれがよいのか迷ってしまうことはありませんか。それぞれの特徴や使い方のポイントをチェックしておきましょう。

ボディミルク

乳液のようなテクスチャーで、化粧水とクリームの中間といった使い心地です。しっとり感があるのに伸びがよいので、広範囲にさっと塗ることができます。お風呂上りに体を冷やしたくない冬場でも手早く使えて便利です。

ボディオイル

保湿力が高く肌になじみやすいのがボディオイルです。マッサージするようにお肌になじませます。ナチュラルな植物由来成分のものや、アロマを使ったリラクゼーション効果の高いものなどバリエーションが豊富なので、お気に入りを選ぶのも楽しいでしょう。

ボディローション

「ローション」は化粧水のことでさっぱりとした使い心地が特徴です。水のように伸びがよく、ベタつきにくい製品が多いため、保湿力の面ではやや物足りなさを感じるかもしれません。さっぱりとした使い心地が好きな人や、汗をかきやすい夏場の利用がおすすめです。

熱めのお風呂はNG!肌の乾燥を防ぐ入浴のコツ

毎日の入浴は体を清潔に保つだけでなく、自律神経の働きを整え血行の流れを促進するなど、お肌にとても多くのメリットがある習慣です。しかし、方法を間違えると思わぬトラブルの原因になることもあるので気をつけましょう。

特に熱いお湯は、保湿成分であるセラミドや皮脂を流してしまうお肌の大敵です。肌への刺激が強いため、かゆみの原因にもなります。また、温度が42度を超えると交感神経が高まり、血圧の上昇や発汗をともなう一種の緊張状態に陥ります。寝起きの頭をスッキリさせるには悪くありませんが、1日の終わりに疲れを取りたいなら逆効果でしょう。夜の入浴はややぬるめの38度~40度で、時間は15分程度が理想です。また、指先がしわしわになるほど長く浸かるのもよくありません。肌の角層が水分を含んでしまい、バリア機能が低下している状態です。

まとめ

私たちの体はパーツごとに皮脂の分泌量が違い、手足やかかとなど乾燥しやすいところには保湿ケアが必要です。ローションやオイルといったアイテムの中から自分の肌質や好みに合ったものを選び、入浴後は早めに保湿しましょう。また、入浴の際に硬いブラシでゴシゴシ擦ったり、熱いお湯に長時間浸かったりすることはお肌トラブルの原因になります。寒い冬でもサボらずケアを続けていけば、乾燥知らずのツルツル肌を保つことができます。いろいろな方法を試しながら、自分に合った方法を見つけていきましょう。