暖かくて着膨れしない!レディースアウター&ニットの選び方

秋冬のコーデに多い悩みといえば、重ね着による「着膨れ」です。着膨れをすると実際よりも太って見られやすく、おしゃれ度もダウンしてしまいます。とはいえ、無理をして薄着になるのも辛いですし、バランスの良いコーデを考えるのはなかなか難しいもの。そこでこの記事では、着膨れしないレディースのアウターとニットの選び方や、防寒のコツについて解説していきます。防寒とおしゃれを両立させ、寒い時期を快適に過ごしましょう。

ルールがわかると安心!着膨れしない服選びとコーデのコツ

ニットやタイツ、ダウンコートなどは、秋冬に活躍してくれる定番の防寒アイテム。ただ、これらのアイテムは素材が厚手のものが多いため、選び方に気を付けないと着膨れしやすくなります。せっかくお気に入りの服を着ても、着膨れをすると野暮ったく垢抜けない印象になってしまうことも。スッキリおしゃれに見せるためには、着膨れしない服選びやコーデのコツを知ることが大切です。

着膨れしないアウター

秋冬のアウターは、袖幅にゆとりのあるタイプを選ぶのがポイント。袖幅が腕のサイズとぴったりだと、中にニットを着たときに着膨れしてしまいます。秋冬はニットなど厚手のトップスを着る機会が多くなるので、見た目の良さだけではなく、重ね着したときのことを考えてアウターを選ぶようにしましょう。



また、アウターによっては腕部分の袖幅にゆとりがあっても、アームホール(肩の部分)が狭い場合もあるので注意が必要です。「どれを選んだら良いかわからない」という方は、アームホールが広めに作られているドロップショルダータイプを選ぶのがおすすめです。リラックス感がありつつも大人っぽく見えるので、カジュアルコーデにもキレイめコーデにも合わせやすいですよ。

着膨れしないニット

ニットの着膨れを防ぐには、アウターと同じく、少しゆとりのあるサイズを選ぶと良いでしょう。体にぴったりフィットするタイプのニットは、防寒用のインナーを着たときに着膨れしやすく、腕やお腹周りが太く見えがちです。そのため、ぴったりサイズではなく、普段よりもワンサイズ上のニットを選ぶのがおすすめ。また、ニットの色やデザインによっては着膨れが起こりやすいものもあるため、なるべく細く見えるアイテムを見つけることもポイントです。

「このデザインにはこの色」というように、色とデザインの組み合わせを考えて選ぶようにすると好きな色やデザインを取り入れながら着膨れを防ぐことができます。例えば、膨張色である白やベージュ、ピンクなどのニットを着る場合は、首のつまったデザインではなく着痩せ効果のあるVネックタイプにするなど、全体のバランスをしっかり見ておしゃれも楽しみましょう。

着膨れしないボトムス

寒い時期にはボトムスの下に防寒用のタイツや靴下を履くという方も多いでしょう。ボトムスの重ね着をする場合はワイドパンツやロングスカートが合わせやすいですが、トップスもオーバーサイズだとメリハリがなくなり、太って見えてしまいます。着膨れしないコーデをするのであれば、トップスかボトムスのどちらかを引き締めることがポイント。ワイドパンツではフィット感がほどよいハイゲージニットを合わせたり、トップスをウエストインしてメリハリをつけたりするなど、スッキリ見えるコーデを意識しましょう。

重ね着しても着膨れしない!着痩せのテクニック

着痩せコーデを作る方法についてもご紹介します。少しのコツを知るだけで、簡単にキレイなシルエットの秋冬コーデを作ることができますよ。

上半身の着痩せテクニック

上半身の着痩せコーデのコツは、体型の悩みに合わせて服の色やデザインを決めるということ。「二の腕の太さが気になる」「ポッコリお腹を隠したい」など、人によって体型の悩みや目指すスタイルは違うものです。それぞれの悩みに適した組み合わせを選ぶことで、上半身の着痩せを狙えます。

二の腕や肩ラインを華奢に見せたい場合は、Vネックのニットや手首が見えるトップスを選び、適度に肌を見せるのがポイント。華奢な部分を見せると、二の腕などの気になる部分から目線を逸らし、スリムな箇所を強調することができます。お腹周りが気になるという方は、ざっくりとしたニットにハイウエストのパンツやスカートを合わせたり、ウエストに黒や紺の太めのベルトを巻いてメリハリをつけたりと、お腹以外の部分にボリュームを持たせると良いでしょう。

また、ウエストにタックが入っているタイプのトップスも、お腹が引き締まって見えるのでおすすめです。色を選ぶ際は、引き締めたい部分に黒や紺などの収縮色を使うと着痩せしやすくなります。トップスやアウターに収縮色を使い、ボトムスに白やベージュ、ピンクなどの色を取り入れることで、メリハリのあるコーデにできます。

購入時に注目したい!冬物衣類におすすめの暖か素材

冬物の服を購入する際は、なるべく暖かい素材の服を選びたいもの。ただ、冬向けの素材といってもその種類は豊富にあるため「どの素材が一番暖かいの?」と悩む方も多いでしょう。ニットでよく使用される良質な素材としては「カシミヤ」「ウール」「コットン」などが挙げられます。これらは基本的に保温性に優れていますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。そのため、暖かさだけではなく、値段やお手入れのしやすさ、自分の肌質に合うかなども考慮しながら選ぶのがおすすめです。

高級素材として知られているカシミヤの場合は、値段は少々高めですが、暖かさや軽さ、肌触りが良いという特徴があります。ウールは型崩れしにくく、保温性にも優れていますが、品質にバラつきがあることが多いです。コットンはカシミヤやウールに比べると保温性はやや落ちますが、肌触りが滑らかで吸水性が良いことが特徴です。

このように、素材ごとに特徴が異なるため、何を重視するのかによって選ぶべき素材は変わります。人によっては、買い替えのしやすさや扱いやすさを重視し、アクリルやポリエステルといった化学繊維の素材を好む方もいるでしょう。どの素材が自分に合うと感じるかはそれぞれなので、いろいろな素材を手にとって比較してみてください。

まとめ

秋冬は重ね着による着膨れをしやすい季節ですが、アウターとニットの組み合わせ方やデザイン、素材などを意識すると、暖かくて着膨れしないコーデを作ることができます。また、自分の体型に合わせた服を選ぶことにより、着痩せ効果も期待できるでしょう。好きなデザインや流行の服も取り入れながら、暖かくて細見えするコーデを楽しんでくださいね。