【スマホ決済】Payを還元率で比較!本当にお得なのはどれ?

政府が「キャッシュレス化」を推進していることもあり、2019年現在、各社さまざまな「スマホ決済」サービスを展開しています。そこで、スマホ決済のメリットや「還元率」など、主なサービスの情報について詳しくご紹介します。すでにご利用中の方もそうでない方も、ぜひ「自分に合った本当にお得なサービス」を選ぶ際の参考にしてください。

便利なだけじゃない!スマホ決済がお得と言われる理由

昨今では、スマホ決済が広く普及しています。スマホ決済とは、現金やクレジットカードではなく、スマートフォンを使って商品代金やサービス利用料を支払うことです。スマートフォンで「QRコード」を読み取ることで、代金の支払い手続きを行うことができます。QRコードは、お店にある場合とスマートフォンに表示される場合の2種類があり、前者なら利用者が、後者なら店側が読み取ります。

支払いの方法も「前払い」と「後払い」の二通りあります。前払いは、あらかじめ決済用の口座に一定の金額を入金しておく方法です。後払いは、購入後にクレジットカード・銀行口座・ポイントなどから代金が支払われます。各サービスによって、どちらも利用可能な場合もあれば、どちらか一方のみという場合もあります。

スマホ決済の主なメリットとしてまず挙げられるのは「財布がいらない」ということでしょう。単純に荷物が減るだけでなく、セキュリティの面においても大いにメリットがあります。現金やクレジットカードは、万が一落としたり盗まれたりすると、即座に使われてしまう可能性があります。仮に財布が戻ってきたとしても、中身とは限りません。対してスマホ決済は、紛失・盗難対策もしっかりと考慮した上でシステム化されているので、本人以外は簡単に利用できません。

また、スマホ決済は送金にも利用できるので、飲み会のなどの「割り勘」に使用することも可能です。さらに、いろいろな特典やキャンペーンがあることも大きな魅力。特に、利用金額の一部がポイント還元やキャッシュバックされる特典は、多くのサービスで取り入れられています。支払いのたびにポイントやキャッシュバックが付与されるため、お得感があります。スマホ決済の利用者の多くは、この特典が目当てと言っても過言ではないでしょう。

自分に合ったお得なPayはどれ?スマホ決済の特徴を比較!

スマホ決済のメリットを把握したところで、具体的にどのようなサービスがあるのか見ていきましょう。以下に人気の高い6社を採り上げましたので、それぞれのメリットや特徴を比較して、自分に合ったサービスを見つけてみてください。

楽天ペイ

「楽天ペイ」は、インターネット通販の大手「楽天」が展開しているスマホ決済サービスです。同社が手がける通販サイト「楽天市場」と同様に、幅広い世代に利用されており、利用者数第3位です。こちらのサービスでは通常、利用金額の最大0.5%(「楽天カード」を使うと最大1.5%)が「楽天ポイント」として付与されます。送金は「楽天キャッシュ」を使えば可能ですが、楽天カード・「楽天銀行」の口座・「ラクマ」の売上金などからチャージが必要です。支払いにはクレジットカードや楽天キャッシュに加え、楽天ポイントも利用できます。普段から楽天市場を利用されている方なら、ポイントが貯まりやすくて便利に使えるでしょう。

LINE Pay

LINE Pay」は、無料通話アプリ「LINE」のプラットフォームを用いたスマホ決済サービスです。一世を風靡したLINEが手がけるサービスということもあり、利用者数も第2位となっています。LINEを利用していれば誰でも簡単に始めることができ、送金もLINEを利用して行えます。また月間の利用実績により、0.5%2%が「LINEポイント」として付与されます。支払いは「チャージのみ」となっており、クレジットカードは利用できません。チャージは、銀行口座やコンビニなどから行います。LINEのヘビーユーザーの方でしたら、使いやすく、ポイントも貯まって非常にお得です。

PayPay

PayPay」は、「ヤフー」と「ソフトバンク」によるスマホ決済サービスです。他社のサービスより後発ですが、大規模なキャンペーンで注目を集め、展開して早々に利用者数第1位をマークしています。キャンペーンは常時展開されており、通常では利用金額の1.5%がキャッシュバックされます。支払いは「PayPay残高」またはクレジットカードで行います。PayPay残高は、銀行口座・現金・「ヤフオク」の売上金などからチャージでき、送金も可能です。

ただし、「ヤフーカード」以外はキャッシュバックの対象外となっているので、クレジットカードに関しては、事実上「ヤフーカードしか使えない」と考えたほうがよいかもしれません。ソフトバンクのスマートフォンやヤフオク・ヤフーショッピングなどを利用されている方は、こちらのサービスがおすすめです。

d払い

d払い」は、携帯電話でおなじみの「ドコモ」によるスマホ決済サービスです。それゆえ利用者が多く、第4位にランクインしています。キャンペーンの件数も常に豊富で、通常は利用金額の最大0.5%が「dポイント」として付与されます。支払いにはクレジットカードや「ドコモ口座」に加え、「dポイント」も利用できます。ドコモ口座の利用には、銀行口座・ATM・コンビニからのチャージが必要です。また、送金も可能です。ドコモのスマートフォンをご利用の方でしたら、電話料金と合算して支払うこともできるので、たいへん便利です。

au PAY

au PAY」は、大手通信会社「KDDI」によるスマホ決済サービスで、利用者数もトップクラスです。自社のみならず、楽天ペイの加盟店でも利用できるのが特徴です。通常は最大0.5%、有料の「au スマートパスプレミアム会員」であれば最大1.5%が「au WALLET ポイント」として付与されます。支払いにはチャージが必要で、現金・クレジットカード・auのポイントなどのほかに、auの電話料金と合算する「auかんたん決済」も利用できます。ただ、送金の際には「じぶん銀行」の口座開設が必要となります。チャージに使える銀行口座もじぶん銀行のみと、やや制約が多く見られます。auユーザーでなければ、こちらを利用するメリットは少ないかもしれません。

メルペイ

「メルペイ」は、フリマアプリでおなじみの「メルカリ」によるサービスで、利用者数も上位に位置しています。「iD」決済にも対応しているので、利用できるお店の数も豊富です。支払いにはチャージが必要ですが、銀行口座のほかに、メルカリの売上金も利用できます。ただ、クレジットカードが利用できず、送金もできないなど、少々不便な面も見られます。また、不定期に行われるキャンペーン以外では、ポイント還元などの特典もありません。そういう意味では、「メルカリユーザーのためのサービス」と言えるかもしれません。

まとめ

スマホ決済は、主に通販・通信などのサービスを提供している会社が展開しています。例えば、楽天やヤフーでよく買い物をされる方なら「楽天ペイ」や「PayPay」といったように、普段利用しているサービスから選んでみると、「便利さ」や「お得感」を実感できるのではないでしょうか。また、ほかにも「amazon」などがこうしたサービスを展開していますので、よく利用される方は合わせて比較してみるとよいかもしれません。