住みやすい街や土地を選ぶポイントは?人気の街にはワケがある!

お部屋を探す際の基準となるのは、一つはもちろん「家賃」、そしてもう一つは「住みやすさ」も重要でしょう。今回は「街の住みやすさ」という点に的を絞って、実際にどのような街が人気を集めているのか、関東・関西の最新のランキングをご紹介するとともに、「女性にとって住みやすいのは、どのような街か」ということについても解説しています。

どこが人気?住みやすい街ランキングの調査結果をチェック!


早速、実際のランキングをチェックしていきましょう。人気不動産サイト「SUUMO」による20歳~49歳の男女を対象とした調査では、関東・関西の上位10位はそれぞれ次のようになっています。

関東<総合ランキング>
1
      横浜(JR東海道本線)
2
      恵比寿(JR山手線)
3
      吉祥寺(JR中央線)
4
      大宮(JR京浜東北線)
5
      新宿(JR山手線)
6
      品川(JR山手線)
7
      目黒(JR山手線)
8
      浦和(JR京浜東北線)
9
      武蔵小杉(東急東横線)
10
     鎌倉(江ノ島電鉄線)
20192月発表
データ引用元:RECRUIT

関西<総合ランキング>
1
      西宮北口(阪急神戸線)
2
      梅田(地下鉄御堂筋線)
3
      神戸三宮(阪急神戸線)
4
      なんば(地下鉄御堂筋線)
5
      夙川(阪急神戸線)
6
      岡本(阪急神戸線)
7
      京都(JR東海道本線)
8
      天王寺(地下鉄御堂筋線)
9
      江坂(地下鉄御堂筋線)
10
     千里中央(北大阪急行)
20193月発表
データ引用元:RECRUIT

関東で人気の街


関東では、東京の主要ターミナルや人気エリアを抑えて、「横浜」が1位となっています。横浜の魅力は何と言っても、市内のみならず都内にもアクセスしやすい「交通の便のよさ」と、多様なお店が集まり、どんなものでも手に入れることができるという「買い物のしやすさ」でしょう。加えて、異国情緒があふれる、おしゃれな街並みにひかれる人も多いはずです。
2
位の「恵比寿」と3位の「吉祥寺」は毎年ランキング最上位に名を連ねており、人気は衰えを知りません。また「大宮」「浦和」も、近年人気が上昇しています。大宮は新幹線も利用できる「交通の便のよさ」、浦和は「文教都市」というイメージのよさが魅力となっているようです。

関西で人気の街


関西では、近年「西宮北口」が首位の座を独占しています。横浜同様、「阪急西宮ガーデンズ」という大型ショッピングモールが駅直結という「利便性」に加えて、大阪にも神戸にも特急で行ける「交通の便のよさ」も兼ね備えています。それでいて、駅前の繁華街を抜ければ閑静な住宅街になるという雰囲気のよさも人気の理由です。ちなみに、西宮は「住みたい自治体ランキング」でも首位を保っています。
2
位の「梅田」と3位の「神戸三宮」は、それぞれ大阪・神戸の顔とも言える中心街であり、安定した人気を誇っています。大阪では、「なんば」「天王寺」「江坂」といった「地下鉄御堂筋線」の街が上位に名を連ねています。また古都・京都も近年順位を上げており、2019年はついにトップ10入りを果たしました。

女性にとって住みやすいのはどんな街?

実際に住むとなった場合の「住みやすさ」は、男女・年齢・職業などによっても変わってきます。女性にとっては、一般に次のような街が住みやすいと言えるでしょう。

安全性や防犯性が高い

その土地に長く住み続けていくつもりであれば、安全性や防犯性といった点にも目を向ける必要があります。特に女性の場合は、犯罪に巻き込まれる危険性も高くなりがちですから、なおさらです。一般に「ファミリー層が多い地域は治安がよい」と言われることが多いので、そこに着目してみるのも一つでしょう。
また近年は、地震や台風などの自然災害による被害の発生が、以前より格段に増えています。自治体が、そうした危険度を公表している場合も多く見られますので、事前に確認しておくとよいでしょう。

移動の負担が少ない

出勤や通学でバスや電車を利用するなら、駅(停留所)までの距離や環境も重要です。一般には、都市部なら徒歩で「5分~10分」程度、郊外になると「10分~15分」程度というのが一つの目安になるでしょう。特に女性の場合は、帰宅時のことを考えると、できるだけ近いほうが安心です。また、地域によっては、街灯が少なく、夜は真っ暗という道もよく見られるので、注意が必要です。できれば、昼間だけでなく、夜間も実際に歩いてみることをおすすめします。

生活の利便性


「住みやすさ」を最も実感させるのは、何よりも「生活の利便性」でしょう。利便性を感じるポイントは人それぞれ異なりますので、ご自分の普段の生活と照らし合わせることが必要です。家で過ごす時間が多い人なら「大きなスーパーや商店街があるか」「銀行や郵便局はあるか」といったことが重要になるでしょうし、外出することが多い人なら、お店よりも「交通の便」のほうが大事になってくるでしょう。

まとめ

ランキング上位の街におおむね共通して見られるポイントは、やはり「交通の便のよさ」と「利便性の高さ」です。そうした特徴を持つ街が「住みやすい街」と言えるでしょう。一方で、街の規模が大きくなると、便利な反面、治安などが問題になる場合もあります。また、昼と夜では雰囲気が全く変わってしまう街もあります。そうした点にも留意が必要です。