時短料理で使える便利キッチングッズまとめ!すぐ使えるレシピも紹介

どんなに仕事が忙しくても、健康や美容のことを考えれば手作りの料理を食べたいところです。しかし料理には時間がかかり、疲れて帰宅した後には億劫になってしまうのが本音かもしれません。そんなときは、時短になるキッチングッズがあれば、毎日の料理があっという間にできて気持ちも軽くなります。今回は、時短が叶うおすすめのグッズと簡単に作れるレシピをご紹介します。

すぐに試したい!おすすめ時短料理グッズ

下ごしらえから加熱、作りおきまで、調理の工程ごとに便利な時短グッズをご紹介します。

下ごしらえを楽にするグッズ

下ごしらえの中でもっとも時間がかかるのは食材のカットではないでしょうか。食材を素早くカットできるグッズがあれば時短になります。

「富士パックス マグネットケース付 多機能キッチンはさみ」は、とにかく便利な多機能タイプのキッチンはさみです。
野菜や肉などの食材を簡単にカットできるのはもちろん、硬いものも切れるため、肉の骨切りにも向いています。
左右の刃を外して洗えるので衛生的で、ナイフのように持てば魚のウロコとりやゴボウの皮むきにも使えます。マグネット付きのケースごと冷蔵庫の側面に貼り付けておけば、スペースもとらず便利です。

参照元:T-fal

「ティファール ハンディチョッパー」は、ハンドルを引くだけで簡単に食材を「きざむ」、「つぶす」、「混ぜる」の動作ができるハンディチョッパーです。
電源不要でコンパクトなので気軽に使いやすく、周辺に食材が飛び散らないため、後片付けも簡単です。
3種類のブレードがついたバラエティキットなら、食材の下ごしらえだけでなく、氷を砕いたり、ホイップクリームを作ったりと幅広く使えます。

計量で時短できるグッズ


地味に面倒な調味料の計量も、グッズを使えば手間を省けます。味が一定に保たれて料理の腕がアップするのも利点です。

「レイエ 計量みそマドラー」は、みそ汁を作る手間が格段に減るみそマドラーです。
使い方は、みその中にマドラーを入れ、くるっと回して取り出すだけ。マドラーごとなべに入れて軽く振れば、みそが溶けてみそ汁ができ上がります。大きい玉は大さじ2、小さい玉は小さじ1が計量できます。
みその計量だけでなく、卵や天ぷら粉、ドレッシングを混ぜるなど、普通の泡だて器のようにも使えます。

「オクソー アングルドメジャーカップ」は、目盛りが上から見える計量カップです。
通常、計量する際はカップの目盛りを横から確認して調整しますが、こちらは立ったまま目盛りが見えるため、カップを持ち上げる、かがみこむといった動作が不要で計量がスムーズです。
60mlの「ミニ」のほか、250ml(小)、500ml(中)、1000ml(大)のサイズがあるため用途によって使い分けてもよいでしょう。

加熱が簡単にできる調理機器

加熱に便利な調理機器をご紹介します。肉や魚と一緒に野菜もたっぷり入れればそれだけで健康的なおかずになるため、忙しい方こそ使う価値があるでしょう。
           
「サーモス シャトルシェフ」は、短時間だけ火入れをし、後は余熱で火を通す「保温調理」ができる人気のなべです。
光熱費の節約にもなり、調理中はコンロの前につきっきりになる必要がないため、時短かつ安全。外出の前にセットしておけば、帰宅後すぐに食べられます。
サイズ展開が豊富で1.6Lの1~2人用から選べるため、一人暮らしの方にもおすすめです。

「マイヤー 電子レンジ圧力なべ」は、電子レンジでチンするだけで煮込み料理に蒸し料理、炊飯まで可能です。
扱い方にコツが必要となる従来の圧力なべと違い、なべに材料を入れて電子レンジでチンするだけなので、誰でも簡単に操作できます。
軽量でコンパクトなので取扱いも楽々。コロンとしてカラフルな見た目もかわいらしいため、できた料理をそのまま食卓へ並べてもよいでしょう。

保存、作りおきに便利なグッズ

毎日手作りの健康的な料理を食べたいと思っても、忙しいときは難しいものです。保存や作りおきに便利なグッズを使って、少し余裕のあるときにまとめて作っておきましょう。

参照元:LION

「リード プチ圧力調理バッグ」は、食材から出る蒸気が対流してプチ圧力効果となり、食材にムラなく加熱できるバッグです。
マイナス60℃から高温の130℃まで耐えられる特殊素材を使っており、一定の圧を超えると蒸気吹出口から蒸気が出て圧力を調整するため安全に使えます。
たとえば休日にレンジにかける前の状態にまで仕込んでおき、冷凍しておけば、平日はチンするだけでよいので手間がかかりません。


参照元:CB japan

「ルクエ スチームケース」は、電子レンジを使って野菜や肉、魚を使ったヘルシーな蒸し調理が簡単にできるシリコンタイプのスチームケースです。
好みの食材と調味料を入れて電子レンジやオーブンで加熱するだけで、あっという間に一品が作れます。
デザイン性が高く、食器としても使える見た目なので、調理後にそのまま食卓に並べれば洗い物も増えません。
作った分を冷蔵庫や冷凍庫で保存できるため、作りおきして電子レンジで温めて食べることもできます。

すぐできておいしい!時短料理レシピ

最後に、疲れて帰宅した日でもすぐに作れておいしい時短料理のレシピをご紹介します。どれも所要時間が10分なので、忙しくて時間がない方にもおすすめのレシピです。

ハニーマスタードチキン

【材料】
・鶏肉(もも)...1枚
(調味料)
・はちみつ...大さじ1/2
・粒マスタード...大さじ1
・白ワイン...大さじ1
・しょうゆ...小さじ1
・塩こしょう、薄力粉、オリーブオイル...適量

【作り方】
1.鶏肉を一口大にカットし、塩こしょうをして薄力粉をまぶす
2.調味料はすべて混ぜあわせておく
3.フライパンにオリーブオイルを入れて鶏肉を皮目から焼く
4.3に調味料を入れ、ふたをして蒸し焼きにする
5.水分がなくなり鶏肉に火が通ったら完成

水気が少なくお弁当のおかずにも向いているので、余った分は翌日、職場に持参するお弁当に入れてもよいでしょう。
鶏肉はすでにカットされているものを購入するか、ご紹介した多機能キッチンはさみなどを使えばより時短になります。

鮭のレンジ蒸し

【材料】
・鮭の切り身...1切れ
・えのきだけ...50g
・玉ねぎ...40g
(調味料)
・コンソメ顆粒タイプ...小さじ1/4
・水...小さじ
・塩こしょう...少々
・バター...10g

【作り方】
1.えのきだけをほぐし、玉ねぎは薄切りにしておく
2.バター以外の調味料をあわせておく
3.耐熱皿に鮭と野菜を並べ、調味料を鮭に、バターを鮭と野菜にそれぞれのせる
4.耐熱皿にラップをかけ600Wの電子レンジで2分30秒加熱したら完成

電子レンジを使った簡単な時短料理ですが、バターのコクで満足感がアップし、立派なメイン料理になります。
ご紹介したみそマドラーを使ってみそ汁を作り、ごはんを添えればバランスのよい定食に。野菜の種類はお好みでアレンジしてもよいでしょう。

トマトと豚肉の卵炒め

【材料】
・トマト...2個
・豚ロース薄切り肉...100g
・もやし...1/2袋
・溶き卵...1個分
・だしの素顆粒タイプ...大さじ1と1/2
・サラダ油...大さじ2と1/2

【作り方】
1.豚肉とトマトを食べやすい大きさにカットする
2.フライパンにサラダ油大さじ2を入れ、溶き卵をふわふわになるように炒めていったん皿に出しておく
3.同じフライパンに残りのサラダ油を加え、豚肉ともやしを炒める
4.豚肉の色が変わったらトマトとだしの素を入れ、2の卵を戻し入れて炒めあわせたら完成

女性に好まれるトマトを使ったとても簡単な炒め物は、野菜と肉、卵が入ってバランスのよい献立です。安価なもやしを入れることでボリュームがアップするため、お腹が満たされ、節約にもなります。
豚肉はカットして冷凍しておく、ミニトマトを使うといった方法でさらに手間を省いてもよいでしょう。

まとめ

毎日の仕事を頑張って乗り切るには手作りの食事で健康をキープすることも大切ですが、時間がない、疲れて作る気力がない方も多いはずです。そんなときは、便利グッズを頼ることも検討してみましょう。ご紹介したキッチングッズを使うと工程ごとの手間が省け、時短でおいしく健康的な料理が完成